プロフィール

Kurumi

Author:Kurumi
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事


人気blogランキングへ

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーケット

ギャラリー茶房 『エスカルゴ』
Gallery−Escargot!  ご案内と留守番役は、ごくふつうのおばさま「くるみ」さん。 お客様同士の会話をお楽しみ頂けますよう、喫茶コーナーも開いています。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小正月の行事 『左義長』 
【2008/01/14 Mon 19:40】
今日は成人式。
ムカシは小正月1月15日に行われていましたが、ハッピーマンデー制度がスタートしてから、第2月曜日に代わっています。 
この日は左義長が執り行われる日でもありました。

友人と行った氏神様の左義長は境内の一角にあり、一見ごみを焼いているような姿でした。 高くそびえ立つ姿を知っている私は、その姿を見て一瞬驚きました。 「境内での左義長はこれでも精一杯なのです」と、火の傍に立っている宮司さんは、訪れた氏子に話しかけ昔を思い出している様子でした。
話を聞いた私は、雪の田んぼの真ん中で執り行われていた昔の左義長を思い出しました。 左義長の準備は前日から世話役が総出で始めます。 太い青竹を立て心棒にし、さらに十数本の青竹を円錐状に張り巡らしヤグラを組み上げていきます。 その中には藁を入れ込み、周りに松や杉の枝を差し込んで飾り付けていくのです。
この時の子供たちの仕事は、門松や注連飾りを各家々から集めることです。 年長の子供が指示し、手分けして取り掛かりました。 そうして集められた物も、藁に挟んだり組み入れたり周りに取り付けていきます。 
「今年はいい具合だ」と、左義長の燃え方を話すお年寄りの言葉を聴いたことがあります。 どうもこの左義長、ヤグラが倒れずに上手く燃え尽きさせることにも何か意味がありそうです。 その為の竹の組み方や藁の詰め方に、代々伝えられてきた特別な技術があったに違いありません。

こうして当日を迎えました。 その朝はまだ暗い時分から、「もやっそ~い、もやっそ~い」(燃やすよ、)と言う子供たちの声が家々に響きます。 このかけ声と同時に左義長が始まるのです。 人びとは昨年のお守りや書初めを持ち集まってきます。 下から付けられた火は徐々に上に昇り、大きな火柱になっていきました。 ここは見渡す限りの田園地帯、しだいに暗闇から大きな火柱があちこちから浮かんできます。
書初めで書いたものを焼き、焼いたものが高く舞い上がると、字が上手くなると言われています。 故郷では、2日の書初めで練習したもの(清書以外のもの)も、清書でなくとも今年初の書、神聖な時間に書いたものと判断したのでしょう、この時一緒に焼きました。 書初めが舞い上がるたびに、青竹の弾けるたびに、まわりから大きな歓声が沸き上がりました。

今では、その姿も随分変わりました。
ダイオキシン問題により、門松・注連飾りの科学物質排除などを呼びかけてはいるものの、左義長を執り行う地域がだんだん少なくなっていると聞きます。 地球温暖化CO2削減が叫ばれている今日、左義長の姿はどんな風に変化していくのでしょう。
日本の伝統行事・風習、世の中の諸事情・変化により開催しにくくなっているとも聞きます。 そんな中、“美しい日本”の伝統行事・風習を残そうとしてる方々がいます。 知恵を絞り後世に残そうとしている方々に拍手を送りたい。 応援したいです。

人気ブログランキング参加中! 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

祭りのたより 
【2007/10/30 Tue 12:24】
秋祭りたけなわのある日、馴染みのお客様があわただしく店に入ってきました。
「いまから、お神楽の本番なの」
詰め所に向かう前、一息つきたくて来たという。
お神楽の大好きな彼女はなんだか楽しそうです。

「そういえば、、、」 懐かしいころを思い出します。
ふるさとの秋祭りには神楽舞の習慣がありません。
幼いころの氏神様の祭りといえば、神主さんの祝詞と巫女舞が行われる静かなものでした。

巫女

巫女 参照:『ウィキペディア(Wikipedia)』
巫女さんは、いったい誰が、、、?
代々年少の氏子が臨時の巫女さんに扮して、舞いを奉納するのです。
巫女は6年生になると卒業しなければなりません。
私が小学4年生になった時、先輩が巫女さんを“卒業”したのです。
私と従妹は、6年生までの3年間この巫女さんを務めることになりました。
その年の初め、私の家に巫女装束一式が届きました。
包みの中には代々受け継がれた、白衣、緋袴、簪(かんざし)、のしが付いた垂れがみ(付け髪)、神楽鈴に緋扇が収められていました。
キラキラ光る簪と神楽鈴は美しかった。
まるで舞妓さんが付ける簪のようで、何時までも眺めていた記憶があります。しかし、人の髪で作られたと聞かされた“垂れ髪”は、なんだかうす気味悪く、頭に付けるのが嫌だった。
祭り当日までの1週間、先輩のお姉さんから巫女舞を教わります。
世話役の大人の太鼓と笛に合わせ、檜扇を掲げ神楽鈴を鳴らして舞う舞の稽古は毎晩続きました。呼吸を合わせて舞う巫女舞を懸命に練習しました。

当日、奉納舞は午後から夕刻まで続きます。
この季節、扉を開け放たれた拝殿は時間と共に肌寒くなりますが、私たち巫女は火鉢を囲んで静かに座っていなければなりませんでした。
長くて辛い時間だった事、今でも思い出されます。
氏子が参拝するたびに、太鼓と笛のお囃子?で巫女舞いを奉納し、舞が終わると緋扇の上で神楽鈴を鳴らし参拝者のお祓いをします。
巫女さんはこの所作の繰り返をするのです。

巫女舞は午後からでしたから、“巫女さん”は学校を早退しなければなりませんでした。
当時の学校の先生は、子供たちの地域行事の参加にも協力的でした。
同級生の「いいなぁ」という言葉を背中に公然と学校を早退し、私たちは巫女さんになったのでした。

           人気ブログランキング参加中!
           人気blogランキングへ

正しい自転車の乗り方(ある紳士の場合・・) 
【2007/10/17 Wed 19:27】
街中を歩いて感じたこと。
自転車の通行マナーの悪いこと、気になります。

「わが道を行く」を表現しているのか、
道幅一杯に横列通行の自転車学生軍団を目にします。
対向自転車が来ても平気の様子。
対向車のおばさんたちは恐れをいだいて、自転車から降りてしまいます。
それでも学生たちは全くシランプリ。平気で通り過ぎていきました。

「そのままでいると、今に大変なことになりますよ、、、!」
(どこかで聞いた台詞です)
そんなコゴトが浮んだとたん、なんと、正しくも美しい本物の自転車乗りに遭遇したのでした。

乗り手は白髪の老紳士。
カーキ色のジャケット、足元は純白のスニーカーのその方は、背筋をピンと伸ばして道路の左側を正しく走行してきたました。
交差点に差し掛かった老紳士、おもむろに右手を真っ直ぐ横に伸ばした。

「????」

そして、交差点を右折して姿を消してしまった。

その後姿は、いかにも芸術的なのです。

今、ここで、正しき自転車乗りにお目にかかれるとは思いもよりませんでした。

私は自転車交通教室なるもの受けた記憶、あります。
皆さん正しい自転車の乗り方していますか?
  

*安全教室テキストより
Q.自転車って左折・右折の合図ってなかった?

A.あります。
 ・左折・・・右腕のひじを垂直に空に向けてあげる。
 ・右折・・・右腕を地面と水平になるようにだす。(手のひらは下を向ける)
 ・停止・・・右腕を地面に向けて45度ぐらいになるようにだす 。


人気ブログランキング参加中!
人気blogランキングへ



秋祭りには、、、 
【2007/10/05 Fri 09:45】
友人が新米を届けてくれた。
「もう秋祭りのころなんだ、、、」
新米が取れるころは、氏神様で収穫感謝のお祭りがある。

その昔、米農家は生産者でありながら、新米を口にすることはなかなかできなかった。
消費者はその都度精米したものを購入するから、新米はすぐ口に出来る。
生産農家は1年分の米を自宅に蓄えていたんです。その蓄え米の目安を誤る(多すぎる)と、何時までたっても新米は“オアズケ”という事になってしまいます。
なんだかおかしいことです。でも本当なのです。(今はどうなのかしら?)

この地域では新米で押し寿司を作り、親戚縁者に振舞うのが慣わしであった。
最近はこの風習も少しずつ変わり始めているのかなぁ、、、。

Sasazushi.jpg

*笹寿司
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新米が取れたら、収穫に感謝し、押し寿司を作る。
こうでもしなければ米農家は、採れたての新米をなかなか食べられなかったのではないでしょうか。うまく考えたものです。(もちろん氏神様に感謝してからではないと食べられませんでした)
家庭それぞれの味をあじわうのも楽しみでした。
くま笹に包まれた押し寿司はきれいな四角形。
多いときはお米3升分の寿司を作ったものです。そうなると家族総出で取り掛からないとなかなか終わらなかった。
寿司桶はさわらの木を使った四角い箱状のもの。(箱寿司桶)
きれいに拭いたクマ笹に包んだ寿司を、この寿司桶の中に並べ上げていくんです。
間に板を挟みながら、一段二段と積み上げ、最後に重石を置くんです。
この重石には新米の袋(約30kg)を使いました。
(こうすると寿司の残量にうまく合うんです。自在に形が変わりますから)
翌日の朝には美味しい押し寿司が並びました。
(取出方:一段ごと底の方から取り出していきます。)

私のわすれられない味のひとつです。


人気ブログランキング参加中!
人気blogランキングへ




カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

くちこみリンク

ブログランキング

FC2ブログランキング

日記・ブログ人気急上昇ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。