プロフィール

Kurumi

Author:Kurumi
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事


人気blogランキングへ

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーケット

ギャラリー茶房 『エスカルゴ』
Gallery−Escargot!  ご案内と留守番役は、ごくふつうのおばさま「くるみ」さん。 お客様同士の会話をお楽しみ頂けますよう、喫茶コーナーも開いています。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイプを手にした男たちの集い 
【2009/05/30 Sat 22:20】
 禁煙推奨ムードが広がり、タバコを嗜む場所もだんだん狭められている昨今です。 タバコ愛好家にとって大手を振って喫煙できる場所を探すのは至難の業、隔離された場所での喫煙が普通となりました。 隔離された狭い禁煙場所には愛好家がひしめき、吐き出す煙で隣の人も識別できない状態。
 タバコは吸いたいが、こんな空気の悪いところで吸いたくない、、、広く開けはなられた場所で吸うのがいいんだ、、、 きっとこんな風に思っているに違いないと、もうもうと立ち込める煙を見ながら思うのです。
 
 明治生まれの祖父はタバコを吸っていた時期があります。 私の記憶に残っているという事は5・6歳の頃でしょうか。 食後のいっぷく、竹筒の付いたタバコ盆を引き寄せ、愛用のキセルを取り出します。 羅宇部分は(何かの皮が巻かれていたようです)、祖父が長年愛用した証黒光りしていました。 祖父は、まず1・2度灰落としにコンコンとそのキセルの雁首あたりを打ちつけます。 微妙に残っている灰を落としていたのでしょう。 そうして、引出しより取り出した刻みタバコを、親指と人差し指中指の三本で丸め、火皿の雁首に詰めるのです。
 この詰め方には加減があるようで、きつ過ぎず甘すぎず、祖父好みの一連の流れから想像するに、刻みタバコを丸めるときから始まっているようでした。
 マッチで火をつけ2・3口吸うと次の準備、次のタバコを丸めだすのです。 先に吸ったタバコは火種として手のひらに落とし、次のタバコに火を付け吸い始めました。 祖父の手のひらにある、まだ赤い部分の残っているタバコの塊を見て、熱くないのか不思議でなりませんでした。 祖父は普通の人ではないと思ったのは、この頃からだったのかもしれません。 子どもながらに感じたものです、祖父のキセル姿は様になりカッコよかった、と。 しかし、いつの間にか祖父も禁煙していました。
           
           たばこ
               「スモーキングクラブ」
              (イギリス・1792年・バンベリー作/「たばこと塩の博物館」蔵)
 【パイプを手にした男たちの集い】
たばこ愛好家たちの集まるスモーキングクラブを描いた作品。パイプを手に集う男たちの姿が実にリアルで、その豊かな表情に思わず目が留まります。
  この絵の作者であるバンベリーは、イギリスの風刺画家の1人です
    ・・・・・・ 以上 JT Tobacco Art Gallery より ・・・・・・・

 5月31日は世界禁煙デー【参照:ウィキペディア(Wikipedia)】 です。
 世界の喫煙者たち、この日ばかりはタバコを忘れて過ごしてみてはいかがでしょう。

   人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

ハイジのアイスクリームのよう、、、 
【2008/02/11 Mon 18:42】
 アイスクリームよりも、アイスキャンディーが主流だった子供の頃、冷菓といえば夏のものと決まっていました。
 私のふるさとは雪国北陸です。 祖母はあたり一面雪景色になると、決まってアイスクリームを作ってくれました。 家畜として飼っていたヤギの乳を使い、“アルプスの少女ハイジ”の世界を思わせるようなアイスクリームを手作りする祖母は、明治時代最期の生まれでした。

「何処で習ってきたのでしょうか?」

 今思えば、田舎のおばあさんにしてはハイカラさんだったのかもしれません
 このアイスクリームの材料は、絞りたてのヤギの乳と生みたての卵、そして砂糖と塩だけです。 私たちが今作るときに並ぶ材料、生クリームも、風味を演出するバニラなどの香料も一切使いませんでした。 キャラメルのあの甘い香りには縁のない、さっぱり風味の素朴なアイスクリームでした。
 祖母は、材料の入った金製のボウルを塩をまいた雪のくぼみに入れ、ひたすらかき回すのです。 材料の固まり具合を見ながら、静かに混ぜていきます。 周りから少しずつ固まるとまた混ぜる、その繰り返しを、私は寒さも時間の長さもわすれて祖母の傍で見ていたものです。 限りなく原始的な作り方のこのアイスクリームは、祖母のお気に入りのおやつでもあったようです。 少しざらつきのある舌触り(シャーベットに近いかしら?)、ほんのり独特の草の香りの残ったアイスクリームは、冬のおやつの中で“ごちそう的”存在でした。

「ところで、今おきにいりのアイスクリームは、、、」

 私は今、バニラアイスクリームに少量の赤ワインをかけて楽しんでいます。 この姿は、食事を楽しむことにこだわる友人に教わった食べ方なのです。 後味すっきりのこの味は、ついつい食べ過ぎてしまいますが、赤ワインのあるときはもっぱらこの姿です。
 
 今でも雪を見ながらのアイスクリームは、やさしい祖母の味を思い出させます。 

人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

ちちんぷいぷい、、、 
【2008/01/26 Sat 23:12】
 白磁の肌に藍色の絵模様が特徴の砥部焼。 その窯元の「初窯開き」の番組を見ていた時の事です。 ロクロを廻す姿から絵付けの場面にカメラが移動した時のこと、湯飲み茶碗に書かれた文字(絵)が映し出されました。 それは「馬」の絵(頭が右で、尻尾が左)と「馬」の文字の『鏡文字』でした。 これは「左馬(hidariuma)」と言い、茶碗に描いて焼くと窯の火力が盛んになり、さらにその茶碗でご飯を食べると1年間の無病息災が叶うと、伝えられているものです。

 「無病息災」?と言う4文字から、私は、祖父の“おまじない”文字を思い出しました。 それは、「ものもらい」の症状を軽くするために書かれた文字「左馬」です。 
その昔、近所の「ものもらい患者」(田舎では“めもらい”と言った)は、なぜかよく祖父を訪ねて来ました。 祖父は平然と“患者?”の対応をしました。 
「はい、少し待って」
と、“患者”を待たせ、チョウバに入ります。 
 チョウバ=祖父の書斎。帳場?なぜか祖父は、商売所ではないのに、この呼び方をしていました。 出てきた祖父の手には細筆が一本。 “患者”は左手を差し出します。 祖父は差し出された左手親指の爪に、薄墨でこの「左馬」の文字を書いていました。 そのあとは、呪文を唱えるわけでもなく、神仏に祈るわけでもなく、空を仰ぐ事もしないのです。 現在のネイルアートのように、ただ、爪に文字を書くだけなのです。 文字の書かれた親指を大事に懐に抱えて帰る患者の姿を、私は何人も見送った記憶があります。

 「左馬まじない文字」のみならず、さらに祖父は、自分で水虫の薬を作ったり(サルチル酸の効いたそれは刺激的なものでした)、しもやけの特効薬だと、にんにくをドラキュラ除けのように塗ったものです。
「あの墨には何か秘密があるに違いない・・・」
 私は、きっと「ものもらい」の特効薬が混ざっているのだと思っていました。

 ドライバー、ヤットコ、ニッパーなどの工具類、ピカピカ光るラジオの部品など、私にとって興味津々な物、不思議な物が一杯詰まった場所が祖父の書斎です。
 そんな場所に、その“薬?”が隠されていてもおかしくないと思っていました。

「それはいったい、どんなものなのだろう?」

「目の薬を、爪に施しても効き目があるとも思えないし・・・」

 こんな風に考えると、ますます不思議が膨らんでくるのです。

 今残っている“迷信”や“言伝え”の中からも見つけられない、祖父の“おまじない“。

「祖父が元気なうちに尋ねておくべきだった・・・」
と、後悔しています。

 民間療法・言伝えなど、ムカシの知恵はさまざまな形で存在し、今でも私たちの生活の中に溶け込んでいるはず・・・
 考えてみれば、昔の知恵をもう一度見直すと、面白い事が発見出来るかもしれません。

人気ブログランキング参加中! 人気blogランキングへ

「そらあるき」 
【2008/01/16 Wed 23:26】
雪の降る季節、子供たちは部屋の中の遊びが増えます。
私の幼い時、カルタやトランプあそびはお正月からずっと続く遊びだったように思います。
そんなある時、祖父から“あぶりだし”を教えてもらいました。 祖父は私に何も書いてない白い紙を見せ、そして横にある火鉢の火で炙り始めました。 すると、火に当たったところから次第に文字や絵が浮かび上がってきたのです。 私は不思議でたまりませんでした。 みかんの果汁で書いた後乾かし、火鉢の火で炙ると現れる、と、祖父から聞いた私は、この“あぶりだし”で手紙を書いたり、よく遊んだものです。

この部屋の中の遊びは、身体を動かしたい子供には不完全燃焼起こしかねません。 そんな時、子供一丸となってする雪遊びは、思いっきり身体を動かす事が出来る楽しいものでした。 昔の北陸の雪は、子供たちが十分楽しめるくらいよく降り積もったものです。 地区の子供が声を掛け合いながら仲間を集め、雪遊びに興ずるのです。
雪合戦、かまくら作り、雪だるま、そり遊びなどなど、、、
そうそう、落とし穴も作りました。 時々、大人が落ちることもありましたが、そんな事でめげない昔の子供たちでした。
6年生のお兄さんを先頭に作る雪だるまは子供たちの背丈以上、皆で力をあわせて作りました。 汗びっしょりになりながら転がし続けた雪だるま、それは公民館の空き地に飾ります。 顔を作る炭やぼうしのバケツなどは、子供たちがそれぞれ持ち寄るのです。 この大きな雪だるまは次から次と降る雪で一段と大きく成長し、しまいには“かまくら”に変身して、また子供たちを楽しませてくれました。
大人には大変厄介な雪だったと思いますが、私たち子供には楽しい遊びを与えてくれました。 全員無邪気に一生懸命遊んだものです。

もうひとつ、子供たちには楽しみがありました。
それは『そらあるき』です。
よく晴れた寒い朝に、高く積もった雪の上をそっと歩くのです。
雪の表面がカチンコチンに凍って、「ゴボ」らずに歩けるのです。
私が子供の頃は、川の位置もわからなくなるほど降り積もりましたから、「ここから田んぼ、ここが川の位置」と言いながら、この銀世界を何処までも歩けました。
この朝、子供たちは誰一人道を歩くものはいません。 わずかな時間しか味わえない「そらあるき」を精一杯楽しむのです。
『そらあるき』 なんだか別世界に入ったような愉快な気持ちになったものです。

人気ブログランキング参加中! 人気blogランキングへ

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

かきぞめとお年玉 
【2008/01/02 Wed 15:02】
お屠蘇・お雑煮を頂き、辻占で今年を占った元旦をほろ酔い気分で過ごし、一夜明けた新年2日目の私は、箱根駅伝TV観戦からスタートしました。 また今日は、全国各地で書初め大会が行われる日でもあります。

ムカシは「この日にお習字をすると字が上手になる」と言われ、毎年祖父の横で書初めをしました。 座敷の畳が汚れないように新聞紙を敷きつめ、まだ寒い朝の空気の中で静かに墨を刷りはじめます。
「今年の課題は、、、」
この日の書初めは、新学期直ぐにある学校での書初め大会、その課題の練習にもなっていまいた。 私たちは新聞紙で何枚何枚も練習した後、清書します。
寒さをこらえて取り掛かる書初め、私たち子供には楽しみもありました。 それはこの書初め作品は、子供たちの「お年玉」に換わるのです。 近所の家にこの書初めを届けると、子供たちはお年玉を受けるという習慣がありました。 地区の家一軒一軒書初めを届け「お年玉」を頂くのです。 私たち子供はお年玉ほしさに、何枚も何枚も書いたものです。 届けられた書初めは、左義長が執り行われる日まで各家庭の部屋を飾ります。 それは子供が中学生になるまで続きました。

朝早くからの書初めは寒くて辛い思いをしましたが、皆、お年玉が楽しみです。 この日の午前中は、子供の「おめでとうございます。書初め持っていました」と言う声が各家庭で聞こえます。 近所のおじちゃんおばちゃんから頂くお年玉、当時の「お年玉」にはみかんと福梅(金沢の伝統菓子)が必ず付いていました。 お金の入っている袋と両手一杯のみかんやお菓子を抱え、私たち子供は「お年玉の量」をよく競ったものです。

今ではもう見られない、このおおらかな風習、当事の子供たちにお金の大切さを伝えていたようにも思えます。

人気ブログランキング参加中! 人気blogランキングへ


カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

くちこみリンク

ブログランキング

FC2ブログランキング

日記・ブログ人気急上昇ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。