プロフィール

Kurumi

Author:Kurumi
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事


人気blogランキングへ

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーケット

ギャラリー茶房 『エスカルゴ』
Gallery−Escargot!  ご案内と留守番役は、ごくふつうのおばさま「くるみ」さん。 お客様同士の会話をお楽しみ頂けますよう、喫茶コーナーも開いています。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レストラン」と「ダイニング」 
【2007/05/08 Tue 17:14】
ゴールデンウィークも終わりの頃、友人たちと集まることになった。
仲間は、年齢も性別も職業も違う。

私は久しぶりの再会を楽しみに会場のレストランに向かった。

予約席に通された私たちは、「まずは乾杯だ」とそれぞれ好みのドリンクを決めた。
しかし、なかなか注文を聞きに来てくれない。
たまりかねたK君が声を掛けた。

「はいはい! 少しお待ち下さ~い・・・」

中年の男(多分店長だろう)の声がかえってきた。
ホテルマンのM君はすかさず、
「返事のハイは、一回だろうが、、、」
「まあまあ、落ち着いて・・・」

乾杯をして楽しく食事を始めたころ、突然に、

 「ギャー・キィー~・・・」
            と、子供の叫び声。

食事中の客の視線は、子供連れの家族に集中。

どの顔も、迷惑そうである。

中央に陣取った家族連れ10名、1~2歳ぐらいの子供がしきりに体を動かしている。
子供をあやす大人を無視して、今度は泣きはじめた、、、。

仲間内の学生、Nさんは、ついに口を開いた。
「まあ、あんな小さい子を連れて食事なんて考えられないよ。僕の父はやさしかったけれど、きちんと食事ができるようにまで、父は僕達に外食をさせなかった・・・」
 さらに、
「あの状態、子供がかわいそうだわ」

K君は、
「周囲の迷惑、考えてほしいよなぁ~」

お腹がいっぱいになれば、子供は退屈。
親達の方が、周りに気をつかってほしい。ちょっと子供を外に連れ出せばいいのです。

それにしてもこんな場合、店長が一言あの客に声を掛けてもいいのでは、、、

そんなこといったら、あの客気分悪くしないだろうか?
他の客全員、もうあの声聞いた時点で気分悪くなっているよ。
ここの客全員が大切なら、店長があの客に一声かけても悪い状態にならないと思う、、、。
しかしむしろこの場合、店長が子連れのお客に注意するのではなく、お願いした方が、店側の姿勢が見えてくるから、逆に良い結果になるのではないだろうか。

その内、問題の子供連れのお客は食事を済ませ、ようやく店を引き上げていった、、、。

ようやく我々も、落ち着いて食事を進めることが出来るような環境になりました。
ゆったりと食事を進め、仲間同士の会話を楽しみました。 かれこれ2時間ばかり後、レストランから外に出た私たちは何気なく店の看板を見上げた。

以前は「中華レストラン」と書かれた看板は、「中華ダイニング」と変わっていた。

ふと思った。

(なぜ、レストランから、ダイニングへと、名前を変えたかなあ~・・・)

外食を楽しむ理由や動機とは? 

それは、日々の家庭の食卓から開放され、気分を変えて食事したいから、、、。 そう! 本来のレストランで、味と雰囲気を楽しむのが目的なのです。

 最近の外食産業! 何か勘違いしているのじゃありませんか? 


スポンサーサイト

カレンダー

04 ≪│2007/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

くちこみリンク

ブログランキング

FC2ブログランキング

日記・ブログ人気急上昇ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。