プロフィール

Kurumi

Author:Kurumi
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事


人気blogランキングへ

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーケット

ギャラリー茶房 『エスカルゴ』
Gallery−Escargot!  ご案内と留守番役は、ごくふつうのおばさま「くるみ」さん。 お客様同士の会話をお楽しみ頂けますよう、喫茶コーナーも開いています。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うらしまさ~ん、、、 
【2008/03/26 Wed 18:02】
 ウン十年ぶりにふるさとに戻った私です。

「竜宮城から戻った浦島太郎と同じ気持ちになるよ。 きっとなる」

と、言った従姉妹の言葉どおり、列車から降り立った私を向かえた風景は、以前のありさまを想像するには困難なほどの変貌ぶりでした。 おまけに、駅構内で聞くお国訛りの会話は、懐かしさはあるけれどなぜか違和感も感じていました。 昨日まで聞き慣れた言葉がまだ耳に残っているせいかもしれません。 きっと、暫くはいろいろ方言ごちゃ混ぜの面白い言葉使いをするに違いないけれど、これも私の個性だと思って無理に矯正しないでおこうと考えています。 
 私は迎えの車で、移転した立派な県庁や大きなショッピングセンターの横を通り新居に向かいます。 車窓から見える街並みは私をますます“浦島太郎”にさせ、いったい何処をどう走ったのかも解らず終いでした。

 「これは大変だ、このままだといけない」

 自分の足で実際に歩かないと、何時までたっても息子の手を煩わせることになりかねないと思った私は、翌日から自宅の周りを歩く事にしました。 心配する息子は地図を印刷して渡します。 それでも、かすかな記憶を紐解きながらの歩行は困難を要し、その上、縦横無尽に走る道路は私の方向感覚を完全に麻痺させました。 ハンドルを握っていた頃は自信のあった方向感覚は、すっかり衰えて見る影もありません。 地図を片手に、太陽とその影をたよりに東西南北を確認しての歩行は、ますます鈍くなります。 
 「思えば遠くに来たものだ~♪」
と、ふるさとの道を歩いているにもかかわらず、口ずさんでいました。
 
 どのくらい歩いた事でしょう。 見覚えのある書店の看板が現れたとき、私には懐かしいと思うと同時に不思議と安心感が湧いていました。 いつも笑顔で迎えてくれたあの親父さんの姿を思い出した私の顔は、穏やかになっていたに違いありません。 この書店を発見した事は、「記憶にある街の姿を見つける」という楽しみを私に与えてくれました。
 懐かしくも新しい姿になった街を、もう暫くはこうして歩いてみようと思っています。
 
 人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

”淑女の品格” 
【2008/03/22 Sat 12:11】
 毎月出される小冊子は有名本屋さんが配布するものです。 偶然手に取ったあの時から、私の楽しみに加わりました。 今月号(3月号)は“兼高かおるさん”の名前にページをめくり、その文章にひきつけられました。
 下記は“淑女の品格”と題し「斉藤由香著 『猛女とよばれた淑女 祖母斉藤輝子の生き方』」を紹介したものの一節です。 「斉藤輝子さん」は、斉藤茂吉夫人、そして斉藤茂太先生のお母さまです。

 ・・・・・「波」 新潮社3月号より ・・・・・・・・・・・・・・・・・
  …淑女、すなわちレディーだが淑と言う漢字は「しとやか」の意味で従って淑女はしとやかな女であるようだが、あれぇーとかきゃーっといって気絶したり怖がったりするのはレディーではない。 紳士の条件は文化教養、遊芸、武芸はともかく、加えて媚びない、おろおろしない、泣きごとを言わない、やれば出来るの心がまえをそなえていなければならない。 第二次大戦後、日本に初めて来た米国高官の人たちがまず敬服したのは、日本女性の柔強二面を持ってびくともしない態度をとったことだった…

 …この世に怖いもの、自分が出来ないものがあると思っていない。 知らないこと、見ていないもの、行ったことのない所、自分の未知は自分で解決していく…
 ・・・・・・・・・・・・・・・引用ここまで・・・・・・・・・・・・・

 幼き頃、TV画面でみた兼高かおるさんのチャーミングな笑顔を思い出しながらこの文章を読み進めました。 あの頃の私にとって興味津々、未知の世界を紹介する番組は、女性のレポーターということもあって印象深く今でも心に残っています。 また、兼高さんの洗練されたファッションも毎回私の楽しみでもありました。 スリムパンツ、裾の少し広がったワンピースなど、当事最先端のファッションを身に纏った兼高さんはとてもうつくし、私にとって憧れの女性でもありました。
  テレビ画面に映し出されたその映像は、ヨーロッパの美しい都市やアフリカの草原、アマゾンの未開の地などなど、、、。 茶の間にいながら、世界旅行を楽しんだものです。
 兼高さんの紹介国はいったい何カ国になっていたのでしょうか? あの当時、今と違って海外旅行は夢のまた夢だった時代に、すでに、兼高かおるさんは、世界一周を幾度も経験されたいたはず。 一般庶民には高嶺の花的な存在の「国際人」だったはず。 まるで「世界の有名観光地の絵葉書」をテレビ画面で見ているごとく、彼女をレポーターとして、世界中の有名都市や避暑地など「夢の世界」が紹介されていたのです。 時にしかし、画面に写しだされる映像は、あの頃の自分にとって衝撃的なものも幾つかありました。 眉をしかめたり、画面から目を背けたくなるような画像もあったか。と、記憶します。 当時、既に世界のあちこちを旅されている兼高かおるさんにして「初めて訪れられた場所」や、あるいは「初めて体験されたこと」も在ったはず。 にもかかわらず、画像でお見受けする彼女は、決して動じることなどなく、むしろ未知の世界を楽しんでおられるようにさえ思えたのです。
 慌てず騒がず、たじろがず、静かにその状況に対応している姿は、美しく、まさに「上述の“淑女”」そのもの、、、。 兼高かおるさんの立ち居振る舞いを、当時画像を見ていた私には「そのように感じた」こと、あらためて思い浮かべるのです。

 さて、引っ越したウン十年ぶりかのふるさとは、以前のありさまを想像するには困難なほど変わっていました。 今の私には「未知の世界」に等しいふるさとでした。 驚いたり慌てたり、きっと不安な心を表に出した騒々しい姿だったに違いありません。 
 中でも「自分の未知は自分で解決していく…」と言う言葉を拝読したとたん、何だか今までの自分の振る舞いが滑稽にも見えてきました。 目の前のことを粛々と執り行って行ける心を養いたいと思うと同時に、不安な気持ち一杯の今の私の心を励ます素敵な言葉にまた出会った喜びを感じています。

 “淑女”の道は遥かかなたのことでしょう。 
 それでも私の道を私らしく、一歩一歩歩んで行きたいと思っています。

 人気ブログランキング参加中です!
人気blogランキングへ

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

これからもよろしく、、、 
【2008/03/11 Tue 11:45】
今日、この町を離れます。

電気やガス、通信会社の移転鉄好きを終え、引越し荷物を纏める数日でした。 

住み慣れたところから移動するには何だか寂しいものです。
しかし、馴染みの人の温かい言葉は、新しい暮らしを始める私を励ましてくれました。

さあ、明日からどんな楽しいことが待っているでしょうか、、、
友人たちの言葉をこころに、行って参ります!

人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:引越し - ジャンル:ライフ

三人官女?での楽しみは、、、 
【2008/03/07 Fri 11:01】
 ひな祭りも過ぎ啓蟄を迎えた先日、三月生れの従姉妹から突然のメールです。

「来年は私たちのために“ひなまつり”をしましょう、、、」

と、自分たちが叶えられなかった“ひなまつり”を実現したい様子のメールでした。
 腕白坊主を育てた彼女(なんと4人ですよ)は、私と同年齢です。

 母たちのお雛様があるのに、なぜか私たちの子供の頃、“ひなまつり”は余り盛んではありませんでした。 仕事に追われる大人たちばかり見てきている私たち子供は、“ひなまつり”の無い事を不思議だとも思いませんでした。 そんな子供の頃から“ひなまつり”に縁のない私たちは、親になり、友人宅で開かれる娘さんの“ひなまつり”がとても羨ましかった思い出があります。

 腕白坊主に囲まれ、着物のすそを気にする暇もなく過ごした日々。 子供たちの手が少しずつ掛からなくなった従姉妹は、ふと忘れていた“ひなまつり”を思い出したに違いありません。  私は思い立って電話を掛けることにしました。

「本当はお内裏様だけでいいから飾りたいの」
「雛寿し作って、、、、そうそうケーキも、、」
「お姉ちゃんと三人でね。丁度三人官女になるじゃない」
「三人官女も私たち三婆になればみな同じよ、あははは、、、」

 と、豪快な彼女は長話はもったいないと、サッサと電話を切ったのでした。

 ようやく子供の手も離れ、彼女も自分に向き合う時間が増えたのでしょう。 半世紀生抜き、私も彼女も、もう後半の舞台に立っている時期なのです。 溜め込んだ“もの“を少しずつ整理して、出来るだけ身軽になりたいと思っているのかもしれません。 身軽になれば、動きは楽です。 この従姉妹もその姉も、そして私も、もうその時期に差し掛かっているように思えます。
 充足感を持って後半の舞台に立ち、そして幕引きをしたいと願っています。

 PS:アンコールに答えられるように、余力を蓄えて置くのもいいかもしれませんね、、、
 
 人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

引越しのその前に、、、 
【2008/03/04 Tue 23:53】
     デザート

 引越しへの準備を進める中、どうしても持っていけないものが出来てしまいました。
 それは今まで部屋の中を彩っていた観葉植物たち。 残念ですがどうしてもいっしょに引っ越す事が出来ません。 私を和ませた植物たちを処分するのはどうしても忍びなく、どなたか好きな方に貰っていただけたらなあと思い、引き取り先を探す毎日でした。運良く引き取り先が決まり、これらはケーキ屋さん・不動産屋さん・酒屋さんの店先を飾る事になります。

 植物の輿入れが決まり一安心していた矢先、昔のお客様より電話が入りました。
 「これからは、なかなか会えないから」と、思いかげなくお食事のお誘いを受けたのです。 病気の副作用で弱視となったご主人と、書道師範の奥様。 お二人とも、明るく話し好きな七十代です。 今日はそのご夫婦と三人での会食です。  私たちは、カロリーコントロールを必要とするご主人自ら選ばれたイタリアンレストランに、奥様の運転で向かいました。
 「二人とも洋食が好きなんです。イタリアンでいいですか?」
と、奥様はハンドルを握りながら話します。 「はい」と答えたものの私は、ご主人の病状が気になって仕方ありませんでした。 その気持ちが伝わったのか、「カロリーコントロールは本人がしますから大丈夫よ」と、奥様は言葉を加えました。 その言葉に助手席のご主人も頷いています。

 高台にあるこの店は窓からの景色がおすすめらしく、私たちは海の見える窓際の席に案内されました。
 小雨にけむり水墨画のような景色を見ながら、色鮮やかなイタリアン料理をいただく。 このアンバランスさも面白い。 この水墨画的景色は、次々出てくる色鮮やかな芸術的盛り付けの料理を一層引き立たせているようにも思えます。 私たちの目をも楽しませました。 その間奥様は、ご主人に料理を一品ずつ説明していました。 「僕は魚介類が好きなんだ」と、大きな皿に盛り付けられたカルパッチョを口にして言います。 ご主人は慣れた手つきでフォークを使い、次々と食事をすすめます。 その姿はスマートで、全く見えない方とは思えませんでした。
 私たちはそれぞれの料理を品定めしながら、ゆったりと食事を楽しむ事が出来ました。 時折ご主人を手助けしながら、頷いていらっしゃった奥様はにこやかにいいます。

「デザートは二人で頂きましょうね。 主人、これ以上はカロリーオーバーなの」

 ご主人の分もデザートを楽しんだランチタイムは約二時間。 とてもゆったりと食事を楽しむ事ができました。 自分流に楽しむ術を知っているお二人の姿は、とても若々しく映りました。
 大切な思い出がもうひとつ増えた一日でした。
 
 人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

イソップ童話のカラス? 
【2008/03/02 Sun 10:47】
 年度がわりのこの3月は、進学に就職、そして転勤と移動の時期です。 そういう私も引越し準備であわただしい日々を送っています。 そんな中、春を感じながらの散歩は良い気分転換になりました。

 いつもの公園に差し掛かると鳥の鳴き声が聞こえてきました。 そんな声を耳にしながら公園に入ると、丸々と太ったカラスが2羽寄り添って何やらついばんでいました。 私が近づいても一向にお構いなし、平然と彼らは作業を続けています。 そんな堂々としたカラスたちを観察してみることにしました。
 鳥たちもそろそろ新しい巣作りを始める時期なのでしょう。 わらを一筋づつ、せっせと運ぶすずめと違い、このカラスはクチバシ一杯に枯れ枝やビニール紐をくわえています。 そして口いっぱいになっているにもかかわらず、カラスは飛び立つ様子を見せません。 まだ目の前の小枝をつついています。 欲張りなカラスの性格を見たようでした。
 私は「それ以上は持てないよ」と、思いながら見ていました。
 先にくわえた小枝をぽろぽろ落としてまでも、最後の一本をくわえようと、カラスは一生懸命です。 一本くわえると、先にくわえた小枝を落とすのです。 何時まで立っても全部くわえる事は出来ません。 小枝をどうしても一度に運びたいらしく、執拗に小枝を突付いています。 落としてはくわえ、くわえては落とし、何度も何度も繰り返している欲張りカラスの仕草は滑稽でした。

 ところが突然、草むらから野良猫が顔を出したのです。 驚いたカラスはせっかくくわえた小枝を全部落として飛び立ってしまいました。 こまめに運んでいればよかったものを、欲張ったばかりにカラスの努力は水の泡になってしまったのです。 新居予定地?に止まったカラスは、悔しそうに鳴くばかりでした。

 このカラスの姿は、私に寓話「イソップ童話」の一節を思い出させました。

 人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


カレンダー

02 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

くちこみリンク

ブログランキング

FC2ブログランキング

日記・ブログ人気急上昇ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。