プロフィール

Kurumi

Author:Kurumi
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事


人気blogランキングへ

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーケット

ギャラリー茶房 『エスカルゴ』
Gallery−Escargot!  ご案内と留守番役は、ごくふつうのおばさま「くるみ」さん。 お客様同士の会話をお楽しみ頂けますよう、喫茶コーナーも開いています。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんの日? 
【2008/04/26 Sat 19:30】
 届いた荷物は懐かしい友人からのもの。 私は友人の笑顔を思い出しながら包みを開けました。 包みの中にはみずみずしい香りいっぱいの柑橘類と本が一冊入っています。 柑橘類の香りの移った本にはメッセージカードが添えられていました。

「『サン・ジョルディの日』にちなんで、、、、」
「少しは環境に慣れた? あなたのお気に入り作家の本を送ります。」

と、やさしい文字で書き添えてありました。

ぜったい多数 (文春文庫)ぜったい多数 (文春文庫)
(1996/11)
曽野 綾子

商品詳細を見る

 私は送られた本を片手に、メッセージカードをもう一度読み返しました。

 『サン・ジョルディの日』とは? 
 偉人の名前? いったいどんな意味があるの?
 「本・読書」と、何か関係があるのだろうか?

 「○○の日」と聞くと、、、皆さんはどんな記念日を思い出しますか? 
 母の日・父の日、そして誕生日、結婚記念日、などなど、、、 そうそう、毎年大騒ぎのバレンタインデー(これは日本国だけかしら???)、忘れてはなりません。 お菓子屋さんの宣伝に乗せられ、志向を凝らしたチョコレートのプレゼント選びにシンケンな表情の女たちの姿がTVまでに映し出されます。 

 私はさっそく友人にお礼の電話をかけました。 電話の向こうの友人は、「子ども読書の日」でもあり、「世界図書・著作権デー」でもある4月23日の記念日のことを教えてくれました。

 『サン・ジョルディの日』 (参照:ウィキペディア ここからはいれます) ・・・・・・・
 1923年に、カタルーニャ地方の本屋が、この日が、小説『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスの命日(1616年)であり、さらにシェイクスピアの誕生日(1564年)であって命日(1616年)でもあるという[2]、文学に非常に縁の深い日でもあることと結びつけて、プレゼント用に本を買うと赤いバラを添えて、本を贈るという風習を広めた。現在では、カタルーニャ地方では、この日には男性は女性に赤いバラを贈り、女性は男性に本を贈る日とされており、男女ともに本を贈りあうことも多い。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ここまで引用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 赤いバラの花と本、この記念日を考え出した情熱的なスペイン人の姿が目に浮かびます。 大切な人への”本選び”をしている人々の姿は静かな表情かもしれません。 しかし、”赤いバラの花”はその静かな表情に隠された熱い思いを表しているように思えます。 何と素敵でおしゃれな記念日を考え出したのでしょう。
 調べるてみると、、、日本国の本屋さんでもこの記念日を実行しようと試みたけれど、あまり広まらなかったようです。 日本人には受け入れられなかったようです。 当時の日本人は、勤労に勤しむことが最大の重要課題で”本を読む”という余裕がわかなかったのか? 本屋さんの宣伝・PRが行き届かなかったのか? はたまたメディアの関心&取り組み方が弱かったのか? 
 確かに、この記念日を大々的にPRしている本屋さんは見かけません。 親から子へ、祖父母から孫へ、上司から部下へ、先生から生徒へ、、、あるいはその逆もあるかもしれません。 相手の年齢や職業、今の状況をいろいろ考たうえに選んだ本、受け取った者には何か不思議な力をも授かるような感じがしてなりません。 
 友人は何と素敵な記念日を知っていたのでしょう。 贈られた本には”赤いバラの花”は添えれられていませんでしたが、心こもった自家製の柑橘類、どちらも私の”お気に入り”なのです。 私の好みをよく知る友人に感謝です。

「この日は『地ビールの日』でもあるの。 こちの方がよかった?」

と、友人は電話の向こうで大笑いしています。

 どうも来年は友人と”乾杯の記念日”になりそうです。
  
  人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

”ごま”成長記録 
【2008/04/21 Mon 09:40】
       胡麻ちゃん a

 こんなに大きくなりました。 
 お茶目な表情の胡麻ちゃんは元気な毎日を過ごし、立派?にお留守番ができるようになりました。 

 「順調に成長している。 大きくなったよ」
と、息子からの電話で様子を見に行く事にしました。 ドアを開けると飛び込んできたその姿は元気そのもの。 一回り大きくなった胡麻ちゃんは、自慢?の栗毛も伸びて、もこもこ毛糸玉のような姿でした。
 一目散に駆け寄ってくる胡麻ちゃんに迎えられると、自然に表情が緩みます。 その胡麻自身も尻尾を腰をも振り続け、うれしさを体全体で表現してくれます。

 「あれれ、、、?」

 思った途端、床は濡れ始めました。
 胡麻ちゃんは感激?興奮しすぎてとうとうお漏らしをしてしまったのです。

 「またやっちゃった、、、」

 胡麻ちゃんは、私たちのそんな言葉もお構いなし。 まだまだ歓迎の儀式をやめません。 おしっこまみれの胡麻ちゃんは、当然お風呂場へ強制収容です。

 はしゃぎ過ぎ?遊び疲れたこの表情を見てください。
 私に相手してほしくて、催促してまで部屋中を駆け巡った後の姿です。 相当疲れたのでしょう。 大好きな膝の上で満足そうに眠る姿は、本当に可愛いものです。 
 私も胡麻ちゃんといっしょにウトウトしてしまったひと時でした。

  人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

新しい宿題 
【2008/04/13 Sun 18:40】
 入学式も終わり、真新しいランドルセル姿の子供たちの登下校に遭遇する事があります。 その姿は何だか誇らしげ、きっと毎日新しい発見を楽しんでいるに違いありません。 お友達と何を話し合っているのでしょうか、、、。
 
 隣に座っているお友達のこと?
 今日のお弁当のこと?
 これからの遊びの約束?
 それとも宿題のこと?

楽しそうにおしゃべりして帰る姿は、見ている私をほのぼのとさせました。

「さあ、私も頑張らなくちゃ、、、」

 今彼らを見送った?私の頭の中は、4桁の数字が乱雑に飛び回っています。 100ほど或る商品コードを覚えなくてはならず、商品とコードを一致させるように単語帳を作ったり、ノートに書き移したりと四苦八苦している最中なのです。 事務所内に一覧表は貼ってはあるものの、ボスから「出来るだけ頭にたたき込むように!」と一喝され、半分冬眠状態の脳みそを奮い立たせなくてはならなくなりました。 

 “数字”と言うものを覚えようとしなくなったのは何時頃からでしょう?
 情けないかな、もともと数字に弱い私には“数字の記憶回路”を失った事すら記憶に無い状態なのです。 機械の進歩により衰えた記憶力。 (何処かに置き忘れたのかもしれません、、、ひょっとすると、元々持ち合わせていないのか、、、?)
 生活に密着している数字といえば電話番号。 その電話番号も電話機の短縮機能にセットすれば良く、携帯電話においても同様です。 登録してある名前か番号を呼び出して、親指で発信ボタンを押すと通話できるのです。 ヤヤコシイ11桁の番号を思い出すことなく用が足せるのです。
 もうひとつ、「社会人なら3桁の暗算は必須」と、新入社員育成の教官から教わった時期、その後、一気にに普及した電子卓上計算機(電卓)。 この電卓にどのくらいお世話になっていることでしょう。 もうかの教官の言葉は死後になってしまったかのようです。
 便利な電卓や携帯電話を手に暮し始めてどのくらい経つでしょう。

 数字を覚える気持ちをなくした我脳みそは、本当に反応するのか?
 何処まで回復するのか?

 “便利さは人間の機能を麻痺させる”と何方かの発言、思い出しました。 ここで「暗記するには多すぎる(商品数も桁数も)」と、嘆いてみても仕方なく、”数字の記憶”を忘れかけた我脳みそをフル操業?させているところなのです。 覚えきれない場合は、、、「その時は、一覧表を頼りに、、、」と、一覧表の詳細も頭に入れて置かなくてはなりません。

「ぐずぐず言う前に課題を消化しなさい!」 

 何処からか聞こえてきそうです。 こうなったら、あの手も、この手も、形振りかまわず使うことにします。 “この場”に立たなければ一層衰えたであろう機能です。 だんだん衰える私の記憶力にはいい刺激だと、ポジティブに考えることにしました。 

  さあ、楽しく覚えましょう! 
        苦しい事こそ、愉快に楽しく!

  人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

恥ずかしがり屋の“同居人?” 
【2008/04/10 Thu 18:50】
 毎日の暮らしに潤いを与えるペットたち。 今ではペットとの同居を認めるマンションが多く存在しています。
 この春、息子宅の一員になった“胡麻ちゃん”はすくすくと育ち、今ではおてんば振りを発揮しているようです。 私が夕方訪ねるとお留守番役?の“胡麻ちゃん”は、日中の寂しさを発散させるかのように、それはそれは大歓迎で迎えてくれました。 この胡麻ちゃんの歓迎は、一日の疲れをどこかに飛ばしてしまう不思議な魔力を待ています。
 しかし、私の新しい住まいは、ペットの同居は許されない古いタイプ?の建物です。 ところが最近、同居人?(ペット?)がいる事に気が付きました。
 それは、一日の疲れを流そうとシャワールームに入った時の事です。 入り口のドアを開けた途端、足元をスルリと横切るものが見えました。 シャワールームの床は青いタイルに白い目地、その床に灰褐色の動くもの。

「とうとうタイルの目地まで歪んで見えるようになったか?」

 最初は慣れない生活のせいで疲労が溜まり、眼精疲労を起こしているのかと思いました。 良く見てみると、その”歪んだタイルの目地”には、なんと4つの足が付いているではありませんか。 身体をクネクネ動かし、あっという間にバスタブの隙間に入っていったのです。
 それはまさしく“ヤモリ”だったのです。

「こんな街中に?どうして?」

 “ヤモリ”は田舎の祖父宅では良く見かけ、私にとっては珍しい生きもではありません。 また、当事、すやすや眠る赤ちゃんに添い寝していたヤモリを発見した弟のお嫁さんが、大騒ぎした事を懐かしく思い出しました。  しかし、ここはコンクリートに覆われた街中。 「どうしてこんな所に、、、」と、不思議でたまりませんでした。

 ヤモリの生態とは、、、?
「ニホンヤモリ 『ウィキペディア(Wikipedia)』」・・・・・・・・・・・・・
・主に民家やその周辺に生息する。都市部では個体数が多く郊外では少なくなり、少なくとも日本では原生林には生息しない。夜行性で、昼間は壁の隙間等で休む。獲物目当てに灯火の周りに現れることが多く、驚くと壁の隙間等の狭い場所へ逃げ込む。冬になると壁の隙間や縁の下等で冬眠する。
食性は動物食で、昆虫類や節足動物等を食べる。・・・・・・・・・


 以前、旅行したジャワ島やバリ島では日常的に見ることの出来る生き物で、ニホンヤモリと同じ色(姿)をしていましいた。 現地でのヤモリ、その数の多さに驚きはしましたが、もう私には大騒ぎする生き物ではなくなりました。 私が姿を現すと、スルスルと隙間に入り込む我が家のヤモリに、最近では可愛ささえ感じるくらいです。

「ヤモリは害虫を駆除する生き物、家を守るといわれている」

と、言った祖父の言葉通り、この住まいを守りに来てくれたのかもしれません。

  ”胡麻ちゃん”のようにじゃれあう事も出来ませんし、喜んで私の帰りを迎える事もしないヤモリクン。 シャワールームでしか会えないけれど、今では、私の“同居人”になりました。
  
   人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

さくらづくし 
【2008/04/05 Sat 21:55】
 桜咲く季節。
 カレンダー通りの休日が取れない毎日を過ごしている私を、突然友人が訪ねてきました。

「お花見に行けないでしょ、はい、どうぞ!」
「さくら色のお菓子勢ぞろい。 きれいでしょ」

 差し出した菓子箱には、さくら色のお菓子がいっぱい入っていました。 満開の桜の便りをと、友人はお花見に行けそうもない私に、この“さくらづくし”のお菓子を持ってきたのです。 私の生活パターンをよく解っている友人です。 この“さくらづくし”を頂き”お花見”に替えようと考えた友人の暖かい心遣いでした。

 桜の花のお花見は、、、
「古来より桜は農産物の出来を占う花。 『早く散れば凶兆』というので散るを惜しんだといわれている」と書かれていました。
 日本農耕民族の血が色濃く残っている我ふるさとの“お花見”(私の幼い時)は、一年の作業を始める前、豊作を祈りながら執り行われていたように思われます。 実際に吉凶を占っていたかどうかは解りませんが、、、。  毎日忙しく働く家族にとって貴重な娯楽だったようにも思えます。 この時のお花見は“桜を愛でる”と言うより、一年の作業を心身とも健康にスタートさせることが主な目的だったのかもしれません。 しかし、桜の花の下でのお花見ではありませんでした。 俗にいう「○○センター」に入場し、お風呂に入ったり、大衆演劇を見たりして日がな一日のんびりと過ごすのです。  親戚一同揃って出かけることは一年にこの時だけ。 私たち子供も楽しみな年中行事でした。

 何時からでしょう。 お花見=宴会 になったのは、、、
 どこかで耳にした歌謡曲にありました。
『4~月は、は~なみで~酒が飲めるぞ~♪』
 この曲の流行った頃は、私も職場の仲間と“宴会”に繰り出した経験があります。 新入社員の最初の娯楽的行事でもありました。 この“宴会”に付き物の乱痴気騒ぎ、桜の花に浮かれたのか、この時期よく話題に上ったものです。 桜の花にはドーピング検査に陽性反応を出す物質が含まれると聞きますので、この物質が騒動の引き金になっているのかもしれません。

 私と友人の場合は、桜の花の魔力に縁のない“お花見”です。

「静かに、さくら色に染まるのも良いのではなくて…」

 私たちは静かに好きなお茶とコーヒーで“さくらづくし”を楽しみました。

  人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

新入りで~す。 
【2008/04/02 Wed 22:30】
              
               胡麻ちゃん

 新婚夫婦に家族が、、、と聞くと「おめでた、赤ちゃんたんじょう」と連想します。 しかし、新たに家族に加わったのは、ミニダックス×プードル×シーズーのハーフ?犬。 いったいどんな姿の子犬か?!? 私には全く想像できませんでした。

 以前紹介した老犬“ローズ”は、この2月家族に見送られ天命を全うしたばかりです。 今でも太目の身体を揺らしながら、マイペースに暮したローズを思い出します。
 そんな時、毎日寂しい思いをしていた息子たちに飛び込んできた、子犬の里親ばなし。 彼らは喜びました。 子犬の親離れのタイミングを見計らい、彼らの元に来た子犬は元気そのもの、とても健康に育っているようです。 息子のお嫁さんからの写メール(上記画像)は遊びつかれ眠った姿でした。 ミニダックスのようにもプードルのようにも見える“胡麻”と名づけられたこの子犬、元気に育ってほしいと思っています。

人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体


カレンダー

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

くちこみリンク

ブログランキング

FC2ブログランキング

日記・ブログ人気急上昇ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。