プロフィール

Author:Kurumi
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事


人気blogランキングへ

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーケット

ギャラリー茶房 『エスカルゴ』
Gallery−Escargot!  ご案内と留守番役は、ごくふつうのおばさま「くるみ」さん。 お客様同士の会話をお楽しみ頂けますよう、喫茶コーナーも開いています。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびっこギャングの襲来 
【2008/05/29 Thu 00:15】
 ここはアスファルト&コンクリートに囲まれた市街地、隣に見事な庭を設えた住宅展示場が建っています。 午後3時過ぎから断続的に賑やかになる歩道は小学校の通学路です。
 まだまだ大きなランドセルに弄ばれているかのように、後ろに反り気味の新入生の集団。 何か面白いことがないだろうかと、辺りを物色しながら帰る進級組まで、その姿はそれぞれ楽しいそうです。 
 そんな彼らの中に、「熱いのにこんなもの着てられるか!」と、ランドセルのフックに下げた制服の上着を引きずりながら、白のポロシャツの裾をズボンからはみ出させている太目の男の子がいました。  彼は幼い頃のガキ大将を思い出させる風体の男の子、なんだか逞しさを感じます。 彼らを見ていた友人はこんな話を始めました。
 
 「展示場の庭に敷き詰めてある小石(後で煉瓦の砕いたもの)を両手いっぱい持って、パラパラ少しずつ落としながら歩く事があったの」
 「そのうち飽きてくるんでしょうね。 両手のもの一斉に空に向けて投げ上げるの」
 「小石の雨降りさせて、きゃーきゃー言いながら遊んでいたわ」
 「その雨降りさせるところが、この店の駐車場ってわけ」
 「おかげで駐車場一面に煉瓦の粒よ。 車で潰せばそばかすみたいに跡が付くし、、、」
 「掃除が大変だったんだけれど、見ているとあまりにも楽しいそうなので、注意しそこなっちゃった」

 子供たちは、ヘンデルとグレーテルの童話世界にある“道しるべ”のように、その煉瓦粒を少しずつ落としながら歩き、そして“道しるべ”遊びに飽きたころ、その粒を“花咲爺さん風”に空に向かって投げ上げたようでした。 子供たちの楽しい遊びが続くあいだ、友人はせっせと駐車場の煉瓦粒を掃き集め元の場所へ戻すことになったと言います。

 「しばらくすると、今度は、、」 と、友人はまた何か思い出したようです。

 「展示場にのぼりが立っているでしょ」
 「今度はあの”のぼりポール”があの子達の標的になったの」

 そこには、直径2センチほどのパイプで出来たポール立てが5本設置されています。

 「或る朝のこと、展示場のお兄さんが営業中のポールを立てようとしても、立てられないの」
 「いつもと違う手ごたえを感じて困惑している様子。お兄さん、さぞビックリしたと思うわ」
 「あの子達、ご丁寧に今度はパイプに石を詰め込んだの、それも5本ともに」
 「お兄さん一所懸命中に詰まっているもの掘り出していたわ」
 「ポールは固定されているから、逆さまに出来ないし苦心していたわよ」
 「仕舞いにお箸を持ち出してね、きっと一粒ごと取り出したに違いない」
 「お兄さんには悪いけれど、その姿がおかしくておかしくて、、、」
 「お兄さんが掘り出す、また子供たちが入れる。何日続いたかしらねえ」
 「そのうち、お兄さんパイプにフタをして帰るようになったの」
 「『ちびっこギャング』からの襲撃を阻止したお兄さんの勝ち!」
 「あの子達、今度はどんな事(遊び?悪戯?)考えるだろうね」
 
 友人はあの『ちびっこギャングたち』を応援しているかのようでした。

 “ちびっこギャング”と言えば、1960年代に放送されていたテレビの人気シリーズ。 当時の小学生は欠かさず見ていたのではないでしょうか。 ちびっこたちの天衣無縫ないたずらに、ませた仕草に拍手した子供の頃を思い出します。 他愛のないギャクのこのドラマ、単純な笑いは大人たちも愉快にさせたはずです。

ちびっこギャング (ユニバーサル・セレクション第6弾) 【初回生産限定】ちびっこギャング (ユニバーサル・セレクション第6弾) 【初回生産限定】
(2007/12/13)
メル・ブルックス.ウーピー・ゴールドバーグ

商品詳細を見る
 
 私たちの子供のころも、石垣の隙間や板塀の節穴にいろんなものを詰め込んでみたりと、大人たちが驚くようなことをしたものです。 奇想天外な遊びを考える事は子供たちの特技、何度大人たちに”ショウガナイワネ”と言わせたことか、、、。
 
 現代の“ちびっこギャング”、今度はどんな遊びを創造するのだろうか?

     人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ  

スポンサーサイト

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

第一号到着 ・・・ 緑に囲まれたくらし 
【2008/05/26 Mon 21:18】
      デンドロビューム


 殺風景な空間に彩を添えたものは、、、
 植物に囲まれての生活を望んでいた私の元へ、送られたものは蘭の鉢植え。 たくさんの可憐な白い花は、ほのかな香りを放っています。 部屋中が一度に明るくなったよう。 
 いつも観葉植物に囲まれて暮していた私、今回の転居に伴い泣く泣くすべてを”お嫁”に出してしまいました。 その寂しさを知ってか知らずか、息子のお嫁さんから届いたのはこの鉢植えでした。 これから少しずつ、”みどりの家族”を増やして行こうと思っています。 
 
 うれしくてうれしくて、、、思わず披露したくなりました。

   人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ  

テーマ:花と生活 - ジャンル:趣味・実用

元気の源は、、、(散歩途中で) 
【2008/05/22 Thu 11:30】
      香林坊 a
歩道の新緑は日差しを遮り、まるで天然の日よけ、清々しい風に誘われ散歩に、、、。

 小運動後の糖分補給にと入ったお菓子屋さんには、購入したお菓子をその場でもいただけるように喫茶スペースがあり、お茶&コーヒーの無料提供までもしています。 私は糖分補給と喉の渇きを潤そうとテーブルに着いていました。

 暫くすると入り口の自動ドアが開きました。 入って来たのは、白髪頭をおかっぱ風?に切りそろえた大柄な老婦人。 鳴門のうず潮を連想させる渦巻き模様の長袖Tシャツを着こみ、オードリー・ヘップバーンが劇中で披露し一躍有名になったサブリナパンツを履き、背筋をピンと伸ばし立つ姿は往年の宝塚スターを思わせます。 その彼女のいでたちは完全に実際の年齢を隠していました。 しかし、健康サンダルモドキのスリッパを履き歩く足元は幾分不安定で、実年齢は七十歳過ぎではないかと想像されます。
 「ハイカラなおばあさんだなあ」と見ていると、彼女は財布を触りながらレジ前で店員さんとなにやら話し始めました。 彼女の声は体躯に比例?して大きく、静かな店内に響き渡ります。

 「此処は快適だね、本当に気持ちいい」
 「我が家は冬は冷蔵庫の中、夏は南国になるオンボロ屋敷でね」
 「・・・・そりゃもう大変なんだから」

 どうも、自宅マンションの不都合を一所懸命話し始めたようです。 彼女の声は、店員さんとのやり取りごとにさらに力がこもり店内に響き渡ってきます。

 「一人暮らしは気軽でいいけれど、話相手を探すのに苦労すんのよ」
 「誰とも話さない日はどうも気分が優れないし、なかなか眠れんのです」
 「あなたと話したから今日はよく眠れるよ。ありがとうね」
 「また来ていいかしら?」

 「是非どうぞ、お待ちしています」
 と言う、店員さんのやさしい言葉におばあさんの表情は一段と明るくなったようでした。 その様子は微笑ましく周囲をも優しくさせます。 笑顔の店員さんに送られ店を出るおばあさんの足取りは、来た時より幾分軽やかに見えました。

 “ひきこもり”この現象は年齢問わず子供から働き盛りの人、年寄りにまで見られると聞きます。 人とのかかわりを自ら拒否している人たち、インターネットやゲームが唯一の楽しみだとも聞きます。 買い物も通販で、友人との“会話”もメールで済ませる毎日だと、仕舞いに言葉を発すことまで忘れてしまいませんか?
 こんな風に考えると、、、、
 このおばあさんの積極性に、そして、そのおばあさんの言葉をちゃんと受け止め対応した店員さんに拍手を送りたい。

     人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ  

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

胡麻成長記録 その2 
【2008/05/18 Sun 19:00】
         胡麻ちゃん d

 お散歩デビューもマジカノ胡麻ちゃん、ちょっとオメカシしてみました。

 随分大きくなり、胡麻パワー炸裂の毎日です。
 プードル+シーズー+ミニダックスと、それぞれの遺伝子を受け継いだ胡麻ちゃん。 それはそれは美しく、気高く、賢く成長するだろうと家族は過大な期待をしていたのですが、、、
 獣医さんも認める逞しい骨格、ところどころ無秩序にカールした栗毛、これ以上伸びそうもない鼻先(鼻スジ)を持ち、ミニダックスばりの短い足をコマのように忙しく動かす姿を見ていると、「これも愛嬌」現実を素直に受け止めなくてはならないと思うようになりました。 
 しかし、
 「○○な子は一層可愛い」
と言うように、とにかく可愛くて可愛くてネコカワイガリしてしまう私なのです。

  人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

学びの館へ・・「石川四高記念館」 
【2008/05/15 Thu 21:35】
 入り口に設置してあるパンフレットを手にして入ると、真っ直ぐに伸びた廊下の右横に木製の階段があります。 私は遥か昔のこと、いなかの木造中学校校舎を思い出しました。 一段一段踏みしめるたび音のするその階段は、ところどころ節穴も隙間もある年代もので、 「誰かが覗いている」と、私たち女子生徒は想像を膨らませ足早に行き来したものです。
 この記念館、メインの展示は一階にあります。 私はその階段横にある「レトロ体験室」から見学することにしました。 高い天上とその天井に届くほどの窓は上下移動で開閉する西洋風のものであり、設計者の四高に対する、四校生に対する熱い想いを感じます。 
 その窓からの光を十分受ける位置に小さな机が設置されています。 机上には、祖父の机にあったようなブリキ製カサをもつ電気スタンドがありました。 この電気スタンド、長時間の点灯には気をつけなくてはなりません。 カサが電球の熱で猛烈に熱くなるのです。 祖父から注意を受けた事をふと思い出しました。
 その横には、音響機器会社のコマーシャル犬ビクター君が耳を澄ましたような蓄音機が、幼い時の記念撮影には必ず現れた黒マントを纏った写真屋さんを想像するジャバラのカメラもあり、私に懐かしい頃を思い出させました。      

               四校記念館 a

  
 私は四高と四校生、そして市民との関わりの歴史が紹介されているコーナーへと足を進めていきました。 ここでは、向学心に溢れた当時の学生たちの自由闊達な学生生活や、その学生と市民との心温かい逸話が紹介されています。 
 “ペン”で書かれた文字や数字がぎっしり並んでいるノート、幾度となく開いただろう所々に書き込みがある辞書、市民から寄贈された分厚く新聞紙大ほどある“ブリタニカ”の百科事典、そして、現代のコピーライターを思わせるようなユニークな言葉や、馴染みのお店の親父さんの似顔絵などが綴られている毛筆書きの自由帳。 学生たちの使った文具類や何代も受け継がれたことを思わせる制服制帽、運動部の応援旗や太鼓、対抗試合申込の「果し状」などなど、、、
 それらの展示品の中になんと、「料亭で使用した湯のみ・灰皿」まであります。

     四校記念館b


 当時の「学生さん」は料亭にフリーパスだったのか?
 料亭の女将が「学生さん」に好意的だったのか?
 
 学生生活を謳歌したであろう当時の学生の暮らしを支えた市民のあったかい心が伝わって来るようでした。 

  人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

学びの館へ、、、「学都」金沢のしんぽる 
【2008/05/11 Sun 13:15】
      石川近代文学館


 昨年帰省時に訪問できなかった施設へようやく訪れる事が出来ました。(昨年の記事、ここからはいれます)
 私は正門をくぐり建物の入り口に向かいました。 歩きながら「何だか前と違う感じがする」と、以前訪れたときと何かが変わっているように思えました。 建物を見上げても、明治24年に完成した旧第四高等中学校本館の赤煉瓦に変化は見られません。 白くペイントされたアクセントとしての煉瓦もそのままです。 しかし私には「何かが変わっているよう」という不思議な感覚が生じたのです。

「はて、何が変わったのだろうか?」

 私は改めて入り口の周りを見渡してみました。  施設の左側には、散歩途中なのでしょう、子犬を連れたご婦人がベンチに腰掛け新緑の風を楽しんでいました。 右側入り口付近には、庭師がクレーンを操作して樹木の枝を整えています。 「変わった?」と感じたのは、庭師の整えた樹木の枝振りではありません。 入り口にはスロープが新設されていましたがそれでもありません。 私はもう一度門の外に出てみる事にしました。
 判明しました。
 門柱に掲げられている”施設名看板”が新しくなっていたのです。 (看板?いや、標札か?門標か? この場合なんと表したらよいのか、拙い私の脳みそは混乱しています) 施設名が鮮やかに書かれたその”看板”は、今にも木の香りが漂ってきそうな新しいものでした。 兼六園周辺文化の森の新しい「学びとふれあいの複合文化スペース」として多くの人びとが利用しやすいようにと、今年4月に生まれ変わったと同時に新調したようです。 長年多くの人々を迎えた趣のある門柱に真新しい看板、私には少し違和感を感じますが、新生「記念交流館」として、この歴史或る”赤煉瓦”の建物の再スタートを祝いたいと思いました。  
 「石川四高記念館」、私はこちらから入館することにしました。  

石川近代文学館 b

 市民に無料で開放されているこの記念館へ入ると、ひんやりとした空気に包まれ不思議と身の引き締まる思いがします。 ひし形状に張りめぐらされたタイル張りの廊下。 高い天井から下がる乳白色のランプシェードからの灯りは暖かな光を放っています。 厳しくもあたたかい教育環境、その当時の教育姿勢が伺えます。 この廊下を教鞭をとる先生が、学生たちが行き来していたかと思うと、ふと「坊ちゃん」の小説世界を思い出しました。
                                             つづく  
   人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報


カレンダー

04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

くちこみリンク

ブログランキング

FC2ブログランキング

日記・ブログ人気急上昇ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。