プロフィール

Kurumi

Author:Kurumi
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事


人気blogランキングへ

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーケット

ギャラリー茶房 『エスカルゴ』
Gallery−Escargot!  ご案内と留守番役は、ごくふつうのおばさま「くるみ」さん。 お客様同士の会話をお楽しみ頂けますよう、喫茶コーナーも開いています。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイプは、、、 
【2008/06/27 Fri 23:20】
 パソコンに向かいながら視界に入ってきたものは、マウスを持つ右手の甲に黒い斑点。

 「嗚呼、またシミが、、、」
 「これじゃ『80歳のおばあさんの手』と言われても仕方ないなぁ」
 (80歳のご婦人には失礼千万。 私の手を見てこんな風に言った従姉妹をお許しください)
 
 “愛する80歳の手”そんな手を持つ私は、「せめて紫外線対策をしなければ」と、思いながらそのまま作業を続けていました。 するとチクッと痛みを感じたのです。 私はその“黒い点”に視線を合わせました。 シミだと思ったその黒い点は吸血動物蚊だったのです。 まさに吸血中でした。 私の貴重な血液で赤黒くお腹を膨らませた蚊は、叩く私の手をすり抜けどこかに消えていきました。 私の手甲は見る間に赤く腫れ上がり、同時に痒みが襲ってきました。
 
 蚊に刺されやすい私にとって、嫌な季節がやってきました。 
 蚊(参照:Wikipedia) に刺されやすい人とはどんな体質の持主なのか、、、?
 血液型はO型の人 (O>B>AB>Aの順番)
 アルコールをよく飲む人
 太っている人、
 汗をよく掻く人 新陳代謝のよい人
 黒い服を着ている人
 女性より男性の方が刺されやすい

 仲間の中でいちばん刺されやすい私は、血液型はA型、乾燥気味の肌を持つ汗のかきにくい基礎代謝の悪い体の持ち主であり、粗食な上どちらかといえばやせていて体温の低い方なのに、、、 蚊に好かれる体質とはかけ離れていると思うのですが、どうして、蚊の集中攻撃を受けることしばしばあります。 あれこれ考えるうち、旅先でのことを思い出しました。 
 現地の蚊はたいそう手ごわいと聞かされ虫除け対策万全にしてバリ島を旅した時、刺された数(集中攻撃です)は私が一番でした。 これでもかと虫除けスプレーまみれになりながら出かけた浜辺のオープンレストラン。 楽しい楽しいディナータイムでのことです。 グルメな上ビールをこよなく愛する血液型O型の相方は、蚊にとって魅力的な良質血液の持主のはず、刺されやすいタイプに属するはずなのに、痒いを連発する私の横で涼しい顔してグラスを傾けていました。

「乾杯のビールがいけなかったのかしら、、、?」
「痒みを消すには感覚を麻痺させるほうが手っ取り早いかも、、、」

 究極のアドバイス?を受けた私は、アルコールの摂取量を上げようとグラスを重ねました。 心地よい気分と同時に感覚も次第に麻痺し、痒みはだんだん薄らいできました。 存分に夕食を楽しんだ翌朝、私の足には無数の跡、蚊の襲撃痕が残っていました。 アルコール摂取は蚊の襲撃を倍増させる事実証したかのような出来事でした。

 男性より刺され難いとされる女性には、ホルモンバランスの関係により刺されやすくなる時期があると聞きます。 蚊に刺されやすい上、年齢と共に傷の治りが遅く跡が残りやすい私にとって、特に気をつけたい季節になりました。

       人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

胡麻成長記録 その3 
【2008/06/19 Thu 16:45】
              胡麻ちゃんf
          カメラを向けるとレンズに突進!なかなかシャッター押せません。
            (少し前の胡麻ちゃんです。今は一回り大きくなりました)

 ワクチン投与完了し、獣医さんから外出可のお日墨付きを受けた翌日、胡麻初めてのお散歩です。 自分の足で大地を感ずる正真正銘の「お散歩」のデビューです。 外の空気をいっぱい吸い自然を感じて欲しいと親ばか夫婦の息子たちは、早速胡麻にピッタリの”リード”を購入するんだとペットショップへ向かいました。 (そういう私も付いて行きましたけれど、、、)
 ペットショップのドアを開ける前から鼻を動かす胡麻は、あたりを気にして落ち着きません。 ベテラン母親?ウエルカム犬のパグ母さんは、胡麻の姿を一瞥するもどっしりと腰を降ろし微動だもしません。 一方、胡麻は私の腕の中で辺りをキョロキョロ、異次元世界に迷い込んだかの様子。 店内を自由に動き回る5・6匹の犬たち、一度に多くの仲間?の出現で混乱しているに違いなく、リードの試着をと床に降ろした途端胡麻はキャンキャン吠え始めました。 胡麻のオモチャや自然食をもっと品定めしたかったのに、、、威嚇射撃モドキにうなりだす胡麻を抱え私たちは早々に買い物済ませ店内から出る事にしました。 息子は、真新しいリードで「散歩」の練習とばかりに早速胡麻にリードを装着。 店先での予行練習はスムーズに終わり、私たちはこれから始まる”散歩ライフ”に夢を膨らまし楽しみにして帰りました。

 帰りの遅い彼らの変わりに散歩役をかってでたある日のこと。「胡麻の散歩はちょっと大変」と聞かされていたものの、私はペット躾本を頭に叩き込み、楽しい散歩を想像して胡麻の元へ向かいました。

 リードの長さは長からず短からず、
 ちゃんと私の歩調に合わせ平行徒歩を基本に、
 時には「マテ」の合図に従わせ、
 道に落ちているものは口にさせず、などなど、
 
 静かな住宅街を背にし犀川の遊歩道も近い住環境は、胡麻の散歩にも最適環境です。 今日はどのコースを選ぼうか?
 私たちは勇んでエレベーターに乗り込みました。 しかし、その勢いもエレベータを降りた途端消えてしまったのです。 終始無差別的に吠える胡麻に往生しました。 すれ違う人や車に吠え、遠くで園芸作業しているおじさんやおばさんを見つけては吠え、胡麻の威嚇射撃は収まりませんでした。 すれ違う子どもには謝り、犬をつれた人には同情され、とうとう私は胡麻を抱える事しました。 それでも小心者の胡麻は吠え続け、幾度となく胡麻は口を押さえられ、私は子どもに”ごめんね”を繰り返し、この日の散歩は散々なものになりました。

 最近の胡麻の散歩にはもうひとつ問題が発覚したのです。
 外でおしっこが出来ないのです。 散歩途中に済ませることが一般的な犬の行動にもかかわらず、胡麻は家に帰るまで我慢し、外での用便をかたくなに拒否している様子です。 時間を掛け散歩を実行してみても一向にその素振りも見せないのです。 大空の元何の気兼ねもなく出来るのに、何をカンチガイしているのでしょう。 「外でするなんて、破廉恥なこと出来ません」と思っているかのようです。 我慢に我慢を重ねているかのよう、部屋に入るなり”おしっこシート”に一目散に向かう胡麻を見ていると、早く本来の姿にさせないとかわいそうで仕方ありません。 犬との同居生活の長い息子たちもあの手この手試すけれど胡麻には効き目なく、今回ばかりはドッグトレーナーの知恵を借りる事になりそうです。 

 何時になれば散歩ライフをエンジョイできる事やら、、、

       人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

使いこなせるか? 盛りだくさんの機能 
【2008/06/16 Mon 12:35】
 “新型携帯電話日本上陸か!?!”

 私の携帯電話の使い方は電話とメールが主です。 最近ようやく、赤外線を使い互いの電話番号など情報交換体験をしたばかり、手ほどき受けた友人はメールの早打ち名人?携帯電話機付帯の機能を存分に使いこなせる現代人です。 新しく日本上陸する最新式の携帯電話に興味津々、発売が待ち遠しい様子です。

 『電話』 こんなに進化するとは、発明家“ベルさん”も驚いているのではないでしょうか。

 私にとって最初の“電話機”とは、、、? 記憶を遡ってみると、、、。
 あのころ(子どもの頃)電話のある家庭は少なく、真っ黒なボディーの共同使用電話機は祖父が付けたものでした。 横に付いているハンドルをギコギコ2・3回まわして掛ける仕草は、まるで機械エンジンを発動させるかのようです。 いちいち電話交換手を通さないと相手に繋がらない、通話できない電話でした。 電話交換手は通信にはなくてはならない存在、当時の花形職業のひとつであったと記憶します。 企業にも電話交換手は欠くこと出来ない存在であり、私が社会人となり勤めた会社にも、特別勤務体制の交換手が電話を社内中に転送していました。

 そして、電話の普及と共にダイヤル式の電話機が登場します。 黒ボディーの中央に1から0までの数字が丸く並んだその電話機は、ジーコジーコダイヤルを回して掛けるスタイルです。 交換手の手を借りなくとも電話が掛けることが出来、同時に企業内の“電話交換手”の仕事も姿を消していきました。 このダイヤル式が自宅に付いた時、私たち子どもは面白がって1から0まで順番に廻しよく遊んでものです。 「無理にまわしちゃいけない!番号が狂う」と、叱られたことも思い出されます。
 ダイヤル式電話から“ピッポッパッピッポ”と数字のボタンを押すプッシュ式電話へ、さらに自由自在家中何処でも通信可能のコードレス電話機が主流となり、電話は生活の一部になりました。
 昔は、通話相手の体温を感じてか、冷たい電話機におじぎしながら話す姿をよく見かけたものです。 今では気軽に携帯電話。 ますます進化が進んでいます。 いったい何処まで進化するのでしょうか?

 私には「ネコに小判」「宝の持ち腐れ」、盛りだくさんの機能が付いている携帯電話、今でも使いこなす自信はありません。 しかし、今度上陸する新式携帯電話、どんな優れものか?ちょっと覗いてみたい気もあるのです。 興味ありませんか?

       人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ  

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

大変な事になりますよ、、、! 
【2008/06/09 Mon 19:45】
 「右目がおかしい。目の奥から頭が締め付けられるように痛い」
 「また、あの発作だ」

 そのときの私の右目はぼんやりと霞んでしか見えず、丁度、レースのカーテン越しにあたりを見ているようなものでした。 高眼圧の為の視力障害、“緑内障の発作”が起こってしまったのです。 眼圧の上昇により視神経を圧迫しておこる緑内障は、視野が狭まったり、飛んでいる虫のようなものが見えたりし、悪化すると失明する恐れのある厄介な目の病です。
 半年ないし3.4ヶ月の間隔で襲ってくる私の高眼圧症状、それはいつも突然発症します。 転居先での新しいホームドクターを見つけなくては、と思っていた矢先のことでした。 慣れているとはいえ、片目での生活は疲れます。 まず遠近感が取れません。 特に夜間、車のヘッドライトが異様に眩しく、まるで凶器が迫ってくるようです。 本を読むことも、文字を書くこともままなりません。 見ようとすればするほど正常な左目に思わぬ力が入り左目の眼圧も上昇しているかのよう、相当な負担をかけてしまします。
 この時、私の眼圧は転居先の眼科医が驚くほど高いものでしたが、幸い緑内障の症状視野欠損は見られませんでした。  「このまま放置すると“正真正銘の緑内障”になりますよ!」と忠告する眼科医の目は鋭く私を見つめます。 投与された点眼薬と内服薬で眼圧は下がり大事に至りませんでしたが、「失明の恐怖」を味わい、ますます定期検査の重要性を感じました。

 なぜ眼圧が高くなるの?
 眼圧が正常値なら、緑内障の心配はないの?

 内科的要因のない人の高眼圧症はこれといった原因が明らかになっていないようです。 強いて言えば、過労&ストレスなどが要因とのことでした。 しかし、眼圧が正常でも緑内障を発症する“正常眼圧緑内障”は日本人に多く見られ、自覚症状(視野の欠損など)を感じたときには手遅れの時もあると聞きます。
 では、どんな人がかかりやすいのでしょう、、、

 【正常眼圧緑内障の6点のリスク要因】
 (1)血縁者に緑内障の人がいる、
 (2)視力表のいちばん上が見えないほど強い近視がある、
 (3)頭痛持ち、
 (4)血圧が低い、
 (5)冷え性、
 (6)やせ形。

 なんと言っても早期発見が一番です。 緑内障患者が増えてくるのは40歳以降だといいます。 ちょうど目の調節力が衰え、疲れやすくなって老眼鏡が必要になる時期と重なりますね。

 「そろそろ老眼鏡が必要だろうか」と感じた時、定期健康診断に緑内障検査を加えられること、お勧めします。

     人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ  

テーマ:健康が一番♪ - ジャンル:ライフ

見つけますよ! 
【2008/06/04 Wed 22:40】
 息子から譲り受けた自転車、盗難にあってしまいました。
マンション駐輪場にちゃんと施錠し止めてあったのに!!!

 その朝私は、「雲行き怪しいけれど、自転車で行こうか」と、思いながらエレベーターのボタンを押し、マンション横の駐輪場に向かいました。 そこには住民の自転車バイクが雑然と並んでいます。

 「・・・・???」
 「ない!?! そんなバカな」

 適度に古い6段変則ギアの自転車。 タイヤの空気圧を調節し、チェーンとギアにシリコンスプレーを吹きかけ、乗りやすくにと息子がメンテしたばかりでした。 あたりを探しても見当たらず、開店時間がせまるばかりです。 私は“朝の運動だ”と、気持ちを切り替え歩いて行くことにしました。

 私は状況を息子に報告しました。 すると、、、
 ちゃんとカギは掛けていたのか?
 何処に止めていたのか?
 最後に乗ったのは何時か?
 気がついたのは何時か? などなど、、、
 まるで尋問されているかのような息子の質問です。 カギは手元にあり施錠したことは間違いなく、出先に自転車を置き忘れるという寝ぼけた行動を取る年でもないと、私はあれこれ説明していくうち、自転車泥棒に対してだんだん腹立たしくなっていきます。 息子の勧めもあり、私はその足で防犯登録番号と自転車車体番号を持ち盗難届けを出しに近くの交番へ向かいました。

 警察署や交番のドアを開けるのは、善良な市民であると自覚する者でも心持ち緊張するものです。 「何も気負う必要はない」と思いながら交番の中に入りました。 そこには警官の留守を伝える“巡回中”の立て札が在り、代わりに白い電話が私を迎えました。 「緊急の方は○○○番へご連絡ください」と、本署に繋がる直通番号が4つ案内されています。 「緊急?緊急といえば緊急な事、届けは早い方がよいに決まっている」と、私は意を決して電話することにしました。
 ゆっくりと丁寧な言葉遣いの担当官は、訪れた人の緊張を解きほぐすかのような親切な対応でした。 私はその担当官に用件と連絡先を伝え、交番を出ました。

 連絡が入り再び交番に向かうと、担当してくださったのは三十歳過ぎの若い警官。 案内された席の後ろにはベテランの警察官が難しい表情で何やら帳面を睨んでいますが、時折ベテラン警官の視線はこちらの様子を伺っているようでした。 やさしく事情徴収を受け記憶を辿る私の横で、若い警官は盗難届けに書き込みしていきます。 届けが完成すると同時に、世の中に窃盗犯が一人増えるたことになる訳です。 
 国内でいちばん多い犯罪は窃盗であること、届けの出されたものは期限なく見つかるまで探すのだと、二人は口を揃えて言います。 自分たちの仕事を誇りに思っている力強い口調でした。

 「ご自分で見つけられた時は連絡ください。そのままでは、あなたも盗難車に乗っていることになりますからね」
と言う、使命感にあふれた警官の笑顔はとても爽やかでした。

    人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ  

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ


カレンダー

05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

くちこみリンク

ブログランキング

FC2ブログランキング

日記・ブログ人気急上昇ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。