プロフィール

Author:Kurumi
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事


人気blogランキングへ

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーケット

ギャラリー茶房 『エスカルゴ』
Gallery−Escargot!  ご案内と留守番役は、ごくふつうのおばさま「くるみ」さん。 お客様同士の会話をお楽しみ頂けますよう、喫茶コーナーも開いています。
スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムマシンの行き先は… 
【2010/04/14 Wed 18:50】
 「ちょっと江戸を散歩してみませんか? 理屈や趣味やウンチクにとらわれるよりも、はとバスにでも乗った気分で出かけて見ましょう。名ガイドが、明るく案内する浮世絵、歌舞伎、戯作、怪談、珍奇なものたち…… 遠い昔の江戸の街が、ホラ、こんなに身近で、愉快なワンダーランドだったなんて……。 タイムマシンに乗って、別天地へようこそ。解説 井上章一」

 毎日毎日時間との戦い、あちらを見てもこちらを見ても避けられない課題が山積み。 
 えぇぃ!思い切って飛び込んでしまえ…… 
 今にも崩れそうな課題の山を横目にちょっと現実逃避を試みた私が手にしたものは、
  
     杉浦日向子著「大江戸観光」

  
大江戸観光 (ちくま文庫)大江戸観光 (ちくま文庫)
(1994/12)
杉浦 日向子

商品詳細を見る

 
 杉浦さんと言えば、、、
 NHK番組「お江戸でござる」の終盤、何時もキチンと着物を着込み控えめな化粧でにこやかに時代考察をされた方です。 TV画面のお姿からは、「オホホ・・・そんなこと仰られても、、、ムニャムニャ・・・」と、相手の気持を察するあまりご自身のお考え(言葉)を言い出せずに潤んだ瞳で訴えるようなお嬢様かと、勝手に想像していました。
 そんなお方が出された本は一体どんな書き方なのか? 興味深々開いたページ、ページを捲る毎その思いはどこかに消えていました。 思ったことははっきりと!くどくどしい言い回しは一切見られず、ある種「オトコマエ」的感覚かも。 バッサリと一太刀切り込む勢いで書かれた文章は痛快です。

 「とかく酒と女は誉めるべし、批評するべからず愉しむべし」
 
 この言葉からも杉浦さんの本想像できませんか・・・・
 暫くこの世界楽しんでみます。

  人気ブログランキング参加中です! 人気blogランキングへ


テーマ:気になる本をチェック!! - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kurumi25.blog93.fc2.com/tb.php/157-406157c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/05/08 19:18】
カレンダー

02 ≪│2017/03│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

くちこみリンク

ブログランキング

FC2ブログランキング

日記・ブログ人気急上昇ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。